「可愛いよ」では、自己肯定感の強いブスは救えない

わたし、可愛くないから

「(容姿が)可愛くないからもてない」ってのは、それ以外には問題ないということの主張か?!持てない理由が容姿以外のところにあるってことを受け入れたくないだけじゃないの?!
そんな話しを、先日友人としました。
己の可愛さを認められない、自分のことを可愛いと思えないことに対して、
自己肯定感が低いから高めよう、鏡に向かって可愛いと言おう…ってな対応の仕方もあります。
でも。
「可愛くないから」という言葉には、
自己肯定感の強さから、自分のいまの状況(たとえばモテない)を受け入れられず。
本人にとっての不条理な現実への言い訳として、生まれ持った顔の造りのせいだからしょーがないでしょ?!
という、責任転嫁なこともあるよねって、話しです。

モテるってなんですかね

アイドルみたいに不特定多数にちやほやされたい的な人もたまにいますが、まあ、大体はモテない=彼氏がいない=愛してくれる人がいない的な不足感。
こんなに素敵なわたしが一人なのは、顔が可愛くないからだ!!そうじゃないと理由が分からない!!人って見た目大事だもんね!という発想(思い込み)。
男がいないからって、人として劣ってるなんてことはないんですよ。女として劣ってるってのとも違う。男がいないってのは、ただの状況です。
そんなの当たり前だって言われますけど、言うは易し。「○○だからモテない」な発想って、劣っていると感じていることへの言い訳でしかありません。
これまではその辺にはふれないできましたが…。
わたしもアラフォー。お客様もアラフォー~50代。
女性性をこじらせている場合、「可愛い」ことを受け入れられなくて…ってことよりは。
歳をへて自己肯定感をこじらせていることの方が多いんですよね。
←自分も含む(笑)(笑)
これ、最近のわたしの一枚。森の中で木材を方に担いで元気ハツラツ系ですけど、40年近く生きてたらこじれてる部分はいくらでもあります。

歳をいい意味で自覚して、歳のせいにはせず、歳を気にせずに生きていくサポートに精進します。