世の中の年収〜アラフォー婚活あれこれ⑤

【世の中の年収~アラフォー婚活あれこれ⑤】

婚活サイトってみたことありますか??
年齢、体型、年収、趣味、住所、出身地、職業、初婚か、長男か、こども欲しいかとか。様々なフィルターがあり、ほぼ物件サイトと同様の検索の仕組みとなっています。

そこで、わたしが1番びっくりしたのが年収。

登録しているサイトは300万未満が1番下の選択肢なのです。200万~300万とか、200万未満の選択肢ないんですよ。欲しい!わたしに欲しい!

300万って、ボーナス無しなら月25万。
ボーナスが年2回2カ月分とすると、月19万。
サラリーマン時代こんな感じだったし、正社員で福祉やエステで働いてる人もこの辺りが多いから、わたしには1番身近な年収です。

婚活ブログとか読んでると、最低400万は欲しい…的なことが書いてあること多くてさ。最低400万?!400万稼ぐのって大変よねぇ?!
世の中の女性陣って、わたしが思っている以上に稼いでいるのか…???暮らしにお金がかかるのか…???

ちなみに、わたしが登録しているのはユーブライドです。結婚への本気度高し!

結婚相談所のブログなどでも、高い低いという言及の仕方はしていないけど、400万を1つのラインとしている感じが多い。うーん…、厳しいのう…

ただ、実際に婚活サイト(もちろんいろんなサイトによるけど、とりあえずわたしが登録しているユーブライド)に登録してみたら、男性陣の年収が想像以上に高かったの。
盛ってる人もいるかもしれないけど、500万以上の人の方が500万未満の人よりだいぶ多くてびっくりした。

400万って日本の最近の平均年収くらいだし決して低くないでしょ。それが婚活市場(特に東京近郊)になると、400万未満の年収が相対的低くみえて不足感がでてくるのかもしれない…

東洋経済読んでるとさ、この年収があってなんでこんなに悲痛なの?!と思うアレコレな記事があり、煽り記事なんだろうとおもっていたのですが、婚活サイトをみて、限定された地域(都心部とか)での相対的な貧困(?!)の悲痛さって、想像以上にでるのかもしれないなぁと、闇を身近に感じました。

わたしは2018年は年収200万(事業収入と給与の額面。手取りはもっとさがる)きりましたが、男にふられてメソメソしながらも楽しく過ごしていたと思います。暮らしがキツい…とは思わないのは、なんかおかしいんですかね。

幸せなおかしさだなぁと自負しております♩

パームハウス  の施術を受けると、施術以上にわたしのユニークさで心が軽くなると言ってくださる方もいます。ありがたいことです。